政治について勉強した

第2次桂内閣は、戊申詔書の発布をあおいで日露戦争に勝利して目標を失った国民精神の引き締めをはかり、また地方改良運動をおこして地方社会の役割を強め、国内の安定をはかりました。ついで1910年に韓国併合を強行し、翌年の1911年には条約改正を達成しましたが、国内では大逆事件などもおこり、同年再び西園寺公望に政権をゆずりました。明治政府は、官営工場の経営をはじめとする殖産興業政策の資金や西南戦争の戦費を得るため、正貨である金や銀と交換できない不換紙幣を大量に発行しました。この結果、1870年代の末には紙幣の価値が激しく下がり、そのため紙幣で決まった額の税を納めさせていた政府の収入も実質的に減少して、赤字財政となりました。そのうえ、毎年の輸入超過で外国への支払いがかさみ、金・銀も底をついてきました。そこで政府は、1880年に増税と官営工場の払い下げとによって財政整理を行う方針を打ち出しました。翌年の1881年に大蔵卿となった松方正義は思いきった方策をとりました。まず増税で政府の収入を増やす一方、政府の支出を徹底的に減らし収入の余りで不換紙幣を整理するとともに正貨を蓄積しました。この政策はかなりの効果をあげ、インフレーションはおさまりました。しかし、かわってデフレーションとなり、米の価格が下がりました。このため、米を売って決まった額の地租を納める農民の負担が増え、生活が苦しくなりました。こうして土地を手放して小作農に没落する農民が急に増え、没落をまぬがれた地主も民権運動に関心を失いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です